意外と知らない太陽光発電システムのメリット

太陽光発電等、再生可能エネルギーを使う二酸化炭素排出抑制対策

再生可能エネルギーを使って発電するシステムは古くから実用化されていましたが、発電するうえでの制約があること及び導入コストと買電で得られる収入との比較で引き合わないということで導入拡大が図られてきませんでした。しかしながら、東関東大震災により国内で稼働していた原発稼働の危険性が指摘され、それまで稼働していた全国で約5300万KWの発電能力を持つ原発が停止に追い込まれてしまったのです。従って、この大震災直後には不足する電力に対して火力発電稼働を増強すると共に産業、運輸、及び民生のあらゆる電力消費分野で節電に努めて凌いできました。しかしながら、大震災直前に総発電能力の約30%を占めるほどだった原発を代替する火力発電所の稼働増強は二酸化炭素排出量の増加につながり、温暖化防止対策に逆行することになったのです。

国としては2012年に再生可能エネルギー特別措置法を制定し、再生可能エネルギーを使った発電方式で発電した電力を高い価格で電力会社に引き取りの義務化を行うことで太陽光発電や風力発電あるいは地熱発電等の普及を図ってきました。わが国の総発電能力は2億2000万KWもあったので発電制約のあるこれらの再生可能エネルギーで発電量を増やすには相当な年数がかかる他に基幹電力となり難い要因を抱えています。しかしながら、地球環境を考えると今年のIPCC報告書に盛られている通り、IPCCは世界各国が二酸化炭素排出量を抑制するあらゆる対策を一刻も早く実行することを提言しているのです。国内では全国の休耕田や遊休地等にメガソーラー級の太陽光発電所の建設が進んでいますが、電力の大消費地から離れた地域の多いことが特徴となっており、送電設備増強のコスト負担が課題となっています。

Copyright (C)2017意外と知らない太陽光発電システムのメリット.All rights reserved.