意外と知らない太陽光発電システムのメリット

太陽光発電を取り付ける前に知っておきたいこと

太陽光発電を一般家庭に取り入れるには、屋根の上や庭の一部にソーラーパネルを取り付ける必要があります。しかしソーラーパネルはどの家にも問題なく適用するものではありません。例えば南向きの屋根が狭かったり、周辺を高い建物で囲まれていて日光が常に当たらない家は業者に設置を断られることもあります。ただ、日光が直接当たらなくても周囲から反射した光などでわずかに発電することは可能なので、一時的に影が当たる程度であれば問題ありません。また忘れがちですが、ソーラーパネルによる光の反射で周囲に迷惑がかからないかも十分に注意して考える必要があります。

太陽光発電で貯めた電力が余った時は、契約している電力会社から電力を買い取ってもらえます。つまり普段の生活で節電に励むと光熱費を節約できるだけではなく収入にもなるのです。また、貯めておいた電力は停電時に非常用電力として使うことができるので、災害時に大きな助けになります。しかし雨の日が続いて電力が貯まらなかった時や、電力を多く使ってしまい自宅の太陽光発電だけでは電力が足りなくなった場合は、電力会社から電力を買うことになります。

日本でも徐々に太陽光発電が浸透してきましたが、まだまだ普及率は低くあまり一般的ではありません。しかし現在は一般家庭でもソーラーパネルの設置に対して、国や自治会から補助金をもらうことができます。初期費用がかかるからと悩んでいる人でも、補助金を利用してぜひ挑戦してみてほしいです。

Copyright (C)2017意外と知らない太陽光発電システムのメリット.All rights reserved.